こんにちわ!
今回のブログは先日香港で行われました『TOYSOUL 2016』のレポートです。
19
弊社Twitterにてリアルタイム配信しておりましたが、改めてブログでご報告します!

12月16~18日にかけて香港の『TOYSOUL 2016』というイベントに
『鉄機巧 01.トランスフォーマー ドリフト』の試作品を出展させていただきました! 

 TOYSOULは日本ではあまり馴染みのないイベントかと思いますので
会場の雰囲気などを少しだけご紹介します。


イベントの開催場所は、香港空港から車で30~40分程のところにある 
九龍灣國際展貿中心(Kowloonbay International  Trade & Exhibition Center)
というショッピングモールの一角で行われました。

ちなみに九龍は「くーろん」ではなく「かうるーん」と発音します。
※私は某ゲームの影響で疑うことなく「クーロン」と発音 していました…

 建物内には映画館やフードコートがあり、土・日曜日は家族連れで大いに賑わっていました。

TOYSOUL開場の前夜にはイベント限定品を求めた人達が徹夜で列をなすなど
そこには日本と変わらない光景がありました。


 02
会場の入口横のパネル。

07
会場の案内図。私達は会場のほぼ中心で展示をさせていただきました

08
こちらがフレイムトイズのブース外観。

09
壁面にはドリフトの線画イラストが大きく印刷されています。
このイラストと三面図を基にケミカルアタックが設計をし、今回の試作品を製作しました。


12
13
11
もう一方の壁面には、透明のアクリルにドリフトや武器のイラスト
鉄機巧の説明文をプリントしたパネルを展示させていただきました。


素立ち
 そして、展示1体目は素立ち状態のドリフト、全高は約190mmです。


 大剣
展示2体目はグレートソードとマントを装備した状態のドリフト。
マントはコミックの中で実際にドリフトが着用しているシーンを基にアレンジして製作しました。


双剣
展示3体目はデュアルソードを装備した状態のドリフト。
展示では胸部のみLEDを組み込んでいますが実製品では頭部・肩・脚部にも増設予定です。


クリアファイル
開催中はフレイムトイズのオリジナルクリアファイルを配布しました。
こちらは枚数に限りがありご来場いただいた全ての人に配布できなかった事が悔やまれます。


04
会場の一角ではスケートボードの体験コーナーがあったりと
日本の玩具のイベント会場ではなかなかお目にかかれないものもありました。

TOYSOULの来場者は3日間で延べ7~8万人と報告されています。
開催中は香港のみなさんの玩具に対する熱い想いをひしひしと感じました。

今回展示したドリフトの試作品はこれから数ヶ月かけて世界各国のイベントに展示される予定です。



© 2016 Hasbro.All Rights Reserved.